ドドドドラマタイムズ

DRAMA TiMEzのBlog版です。本家は、http://itawind.web.fc2.com/ にあります。日本、韓国、海外のドラマや映画、サッカーなどのネタを取り上げます。LINKについては連絡は不要。逆に読んでいて面白いブログには連絡もなくLINKさせていただくことがありますのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

W杯アジア最終予選組み合わせ

Group A
South Korea
Iran
Uzbekistan
Qatar
Lebanon

Group B
Australia
Japan
Iraq
Jordan
Oman

またしても格上オーストラリアとの対戦。
オーストラリアとぶつかるよりは韓国との対戦の方が微妙に楽だと思うけど、
精神的負担を考えると、逆にオーストラリアとの対決の方が楽と言えば楽。
それ以外は比較的に恵まれた組み分けって感じで、地味な組に属した印象だ。

中東の情勢が不安定なので、その辺が対戦日時にどうなっているのか分から
ない部分が有るね。
ヨーロッパ組の移動は日本からよりは負担軽減となるのかな~
スポンサーサイト
[ 2012/03/09 22:13 ] 日本代表サッカー | TB(-) | CM(0)

サッカー五輪代表/ vs バーレーン戦

バーレーンでのホームで行われた試合。

風が強くややロングボールが前線のスペースに収まらない部分
も有ったけど、基本的には安定的な試合運びだった。

バーレーン五輪代表が相当弱体化している事に驚いたけど、
日本の五輪代表もミスが多く、足下へのパスが多すぎて、連携の
ミスが多く、やや小粒な展開になった感じ。

ボランチの山本のミスが比較的多く目立ったことと、シュート
数があまりに少ない。選手がゴールを見てプレイしておらず、他の選手
ばかり探している。本番の試合というよりも練習試合みたいな感じだった。
相手選手がレッドカードになった後には2得点している状態とは
いえ、シュート数が僅か一本というのはあまりに酷い。
ゴール前は手数をかけずにもう少しシンプルさを心かげて欲しい
ね。手数が多くなるほどミスの可能性だって多くなるし。

シリアvsバーレーン戦は相当荒れた試合だったけど、日本戦は
比較的落ち着いていたかな。しかしまぁイランの主審も相当
神経質にジャッジして、ぶつかり合いに於いては確実に日本側
のファウルを取っていたな。


日本 vs バーレーン
12 vs 6 (シュート数)
58% vs 42% (支配率)

GK 1 権田修一
DF 4 酒井宏樹
DF 5 比嘉祐介
DF 12 浜田水輝
DF 13 鈴木大輔
MF 3 扇原貴宏
MF 6 山本康裕
MF 16 ⇒山口蛍
MF 10 東慶悟
MF 14 大津祐樹
FW 11 ⇒永井謙佑
MF 15 山田直輝
DF 2 ⇒酒井高徳
FW 9 大迫勇也

GK 18 ルトファラ
DF 3 ハヤム
DF 11 バンナ
DF 14 マホルフィ
DF 17 ハザー
MF 6 アリ
MF 7 ショワイテル
FW 16 ⇒サハワン
MF 8 ナイエム
MF 4 ⇒アブドカハリ
MF 12 フサイニ
MF 13 マロド
FW 9 アメル
FW 10 ⇒アラウィ
[ 2011/11/23 01:34 ] 日本代表サッカー | TB(-) | CM(0)

長文! 今こそ日本人は韓国サッカーに復讐すべき時なのか?

今、韓国サッカーが大きく揺れている。

ワールドカップの最終予選を直前にして、次の試合で負けてしまうと下手をすれば
最終予選にさえ進出できない状況が訪れるのである。

何よりも不振なのは、韓国のヨーロッパ派が所属クラブのレギュラー争いに於いて
敗れている事もあり、代表でも試合感を失っている状態にある事である。

誰も注目していなかったが先日まで大洪水の有ったタイで行われていたアジアu-18
ユースの予選に於いて、韓国は最終予選に進出できないピンチが訪れた。
開催国のタイに敗退した事で、最終戦に於いて、日本が韓国に勝利すると韓国u-18は
自動的に最終予選に進出できない事態が訪れたのである。幸いにも韓国が日本に
勝利した事で、韓国が2位通過、日本は3位枠での進出となった。

また昨年行われたu-16に於いては韓国はアジア最終予選に進出できない状態の中
大会が行われた事もある。

ワールドカップ最終予選に韓国が進出するには2月の末日である29日に韓国ホームで
行われるクウェートに引き分け以上の結果が求められるようになった。

ことサッカーに於いては、毎回韓国によって日本は苦しめられてきた過去が有る。
それは直接的な試合結果だけに依らず、精神的にも相当苦しめられてきたのではなかろうか。

2002年の日韓の共催ワールドカップに於いて、日本vsトルコの試合で、ソウル市庁舎前に
集まった韓国の群衆がトルコを応援していた事を覚えていないだろうか?
トルコが得点したときに大歓声がわき起こり、自国が勝利する以上の歓声が沸いたことを。
当時の韓国の知り合いにどういう事だと聞いたことが有るが、トルコとは血盟同盟が有るだの
日韓の歴史を考えれば仕方がないだの、サッカーに於いては日本よりも常に結果が求められる
事情が有るので、その息苦しさからの反動ではないかと言われた事がある。

韓国とトルコが血盟同盟という謎の精神的同盟を結んでいるのであれば、クウェートと日本は
その関係以上の結びつきがある。湾岸戦争での日本の支援に対して、先日の東日本大震災の
際にはクウェートから日本には石油500万バレルの無償提供があった。

日本と韓国は地理的・気候的にも似たような部分があり、お互いのサッカーをよく知っている
所がある。中東の地クウェートから韓国へ試合に訪れるのは、あらゆる意味で大変な工程だ。
それならば日本はクウェート代表を国賓級待遇で受け入れて、一ヶ月くらい前から練習場、
練習相手、そして攻略法などの全てを教えて国民一致でクウェートを応援するというのも
また有りではなかろうか。恐らく試合会場はソウルだと思うので、二月のソウルと同じ気温の
日本の土地を提供するのも有りだと思う。
[ 2011/11/16 21:55 ] 日本代表サッカー | TB(-) | CM(0)

W杯/日本 vs 北朝鮮 完敗の日本!

ほぼ日本の完敗だったな。

北朝鮮のロングボールの正確性が上手く日本の攻撃陣の押し上げを阻害していたし
相手の出足の早さ・強さが目立ったし、身体のぶつけ方が上手かった。

北朝鮮の前線の選手の競り合いの強さ、制空権を完全に奪われ、日本の攻撃に
於ける自由度を完全に奪った感じの内容だった。
後半に北朝鮮側のペースが落ちるかと思っていたけど、全くペースが落ちることも
無かった。

ワールドカップで北朝鮮がブラジル相手に善戦した時の様な迫力があった。

北朝鮮
GK 1 リ・ミョングク
DF 5 リ・クァンチョン
DF 14 パク・ナムチョル
DF 23 チャン・ソンヒョク
MF 4 パク・ナムチョル
MF 11 チョン・イルグァン
MF 12 チョン・クァンイク
DF 16 ⇒リ・ペフン
MF 20 リ・クァンヒョク
MF 22 パク・ソンチョル
FW 9 鄭大世
FW 7 ⇒パク・ソンチョル
MF 8 ⇒リ・チョルミョン
FW 10 パク・クァンリョン

日本
GK 12 西川周作
DF 2 伊野波雅彦
DF 3 駒野友一
DF 4 栗原勇蔵
DF 15 今野泰幸
MF 9 岡崎慎司
MF 11 清武弘嗣
FW 19 ⇒李忠成
MF 13 細貝萌
MF 14 中村憲剛
DF 6 ⇒内田篤人
MF 17 長谷部誠
FW 18 前田遼一
FW 16 ⇒ハーフナー・マイク

北朝鮮 vs 日本
13 vs 8 (シュート数)
46% vs 54% (支配率)
[ 2011/11/15 18:07 ] 日本代表サッカー | TB(-) | CM(0)

W杯予選/日本 vs タジキスタン

相手のラインナップを見ると、みんな名前の語尾が「フ」で終わるタジキスタン
との戦い。
ほぼ危なげなくゲームを終始支配した形だったけど、もっとシュートする姿が
見たかった。
お国柄なのかゲーム開始直後にはまだまだ競技場の観客席が空いていたけど、
後半にはかなり席が埋まってていたね。

内田がちょっと攻撃時に於ける精度を欠いたのと、殆ど高さを活かすような攻撃
をしないにも関わらずハーフナーを起用した事が気になる。
まぁハーフナーに引きずられたお陰で、他の選手へのマークが容易になったり、
タジクの両サイドはスカスカだったのでサイドにボールが収まり得点に繋げて
いたけどね。

終盤に決めた岡崎得点までの一連の流れがあまりに綺麗だった。
その流れの中の一人に清武が絡んでいたのが良かったな。

タジク vs 日本
シュート数:13本 vs 23本
支配率 39% vs 61%

---------------------------
GK 1 川島永嗣
DF 6 内田篤人
→後44分 2 伊野波雅彦
DF 20 吉田麻也
DF 15 今野泰幸
DF 3 駒野友一
MF 17 長谷部誠
MF 7 遠藤保仁
MF 9 岡崎慎司
MF 14 中村憲剛
→後42分 11 清武弘嗣
MF 10 香川真司
FW 16 ハーフナー・マイク
→後11分 18 前田遼一
---------------------------
GK 1 トゥイチェフ
DF 6 エルガシェフ
DF 3 サバンクロフ
DF 12 F・バシエフ
DF 4 ラジャボフ
MF 10 ジャリロフ
→後12分 18 ファトフロエフ
MF 9 ダブロノフ
MF 7 ラビモフ
→後24分 8 サディコフ
MF 17 D・バシエフ
FW 15 サイドフ
→後23分 13 カムラクロフ
FW 20 マフムドフ
---------------------------
[ 2011/11/11 21:50 ] 日本代表サッカー | TB(-) | CM(0)
プロフィール

イタ

Author:イタ
ドラマ・映画・ゲーム・サッカー好きの管理人です。よろしくお願いします。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
1356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
338位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。